校長挨拶- GREETING FROM THE PRINCIPAL -

校長挨拶
校長挨拶

2013年、国際学院は創立50周年を迎え、ユネスコスクールは創立60周年を迎えました。
その記念すべき年に、国際学院がこれまで培ってきた「人づくり」の教育理念とユネスコ憲章に示された理念を礎に、世界の人々と共に力を合わせて地球規模の課題解決を図ることができるグローバルリーダーを育てたいという強い願いを込め、国際学院中学校を開校いたしました。
国際学院中学校高等学校は、建学の精神である「誠実、研鑽、慈愛、信頼、和睦」を柱に、それらの徳目を身につける「人づくり」教育を行っています。さらに平成22年7月、本校はユネスコスクールに加盟し、国際理解教育を積極的に進めています。そのことによって、これまでの教育内容に「将来にわたって持続可能な社会を構築するために必要な教育」であるESD(持続発展教育)が加わり、国際交流をさらに発展させています。自然に恵まれた広大なキャンパスに建つ学び舎で、生徒たちは意欲的に学習はもとより学校行事、課外活動に励んでいます。県内の高等学校でも歴史の新しい本校ですが、進学の面では国公立大学や有名難関私大への合格者を輩出し、部活動においても陸上部のインターハイ5年連続出場、射撃部の19回連続の国体出場など、着々と成果をあげています。なによりも貴重な青春時代を本校で育んでいる生徒たちを見ることは大変楽しいことです。ぜひ多くの皆さんが本校に来られることを期待します。
国際学院が求める生徒の理想像は「勤勉性」を備えた「知的に正直」な青年です。「自尊感情」を育み、困難に際しても「前向き」に課題解決し、世界中の何処へ行っても活躍することのできるグローバルリーダーとして、社会に貢献する人へと成長して欲しいと私たちは願っています。 国際学院は生徒が「学ぶ方法を学ぶ」とともに「学ぶことは楽しい」と感じて成長していくために、全世界のネットワークを活用しつつ、保護者の方々の協力や地域社会の支援を頂き、弛みない自己点検評価と第三者評価を通じて、より良い教育を求め続けてまいります。


国際学院高等学校 校長
大野博之

≪現職≫
学校法人国際学院理事長

≪主な公職≫
文部科学省中央教育審議会専門委員(大学分科会)、日本私立短期大学運営問題委員会委員長等要職を歴任し、現在、文部科学省大学設置・学校法人審議会特別委員(大学設置分科会)、日本私立短期大学協会副会長、一般財団法人短期大学基準協会理事、同協会認証評価委員会委員、関東私立短期大学協会会長、埼玉県私立短期大学協会会長、一般社団法人全国栄養士養成施設協会副会長、独立行政法人大学改革支援・学位授与機構評議員
H30年7月現在

≪通信制での功績≫
高等学校定時制通信制教育70周年記念 文部科学大臣表彰

TOPに戻る